MENU

Threadsの使い勝手を徹底検証!評判・感想・注意点まとめ

Threadsの使い勝手を徹底検証!

「Threadsを使ってみたいけれど、どんな特徴があるのかしら?」と疑問に思っているあなたへ。この記事では、Instagramでログインできる新しいテキストベースのSNS、Threadsの使い勝手を徹底検証しています。

広告がない快適な環境、豊富な投稿形式、双方向なコミュニケーションが魅力ですが、検索機能の限定や機能面での制約もあります。Threadsの詳細な特徴から、あなたにとってのメリット・デメリットまでを分かりやすく解説。この記事を読めば、Threadsを使うかどうかの判断がしやすくなるでしょう。

目次

Threadsとは?

Threadsとは?

Threadsについて以下の三つの側面から詳しく見ていきましょう。

  • Threadsの基本情報
  • Threadsの主な特徴
  • Threadsのユーザー層

Threadsの基本情報

ThreadsはInstagramでログインする新しいテキストベースのSNSです。写真や動画、リンクに加えて、最大500字のテキスト投稿が可能です。Instagramの機能を活かしつつ、テキスト共有に特化しています。

2023年7月にMeta社のInstagramチームによってリリースされ、開始直後から大きな注目を集めました。リリース初日に3,000万回のダウンロードを記録し、その後もユーザー数が急増しています。

Threadsの主な特徴

Threadsの特徴は、投稿の自由度の高さとInstagramとの強い連携です。最大500字のテキスト投稿、10枚までの写真投稿、5分までの動画添付が可能で、完全無料で利用できます。

しかし、まだ新しいSNSであるため、機能面では限定的です。下書き保存やダイレクトメッセージ、トレンド表示ができないなどの制限があります。ビジネス向け機能も備えていません。

Threadsのユーザー層

Threadsのユーザー層は、主に10代の若年層です。調査によると、認知率は49.6%で、実際に使ったことがある人は5.7%。特に10代の男女が最も利用経験が高く、男性では18.9%、女性では14.3%の利用経験率を示しています。Instagramとの連携が強いことから、Instagramユーザーの間でも人気があることが伺えます。

ユイカ
Threadsは、Instagramとの連携を強みにする新しいSNSですね!

Threadsの使い勝手:悪い点

Threadsの使い勝手:悪い点

Threadsの使い勝手にはいくつかの悪い点があります。特に以下の点に注意が必要です。

  • 限定された検索機能
  • 機能面での制約
  • アカウント管理の課題

限定された検索機能

Threadsには投稿のキーワード検索機能が備わっていません。現在のところ、アカウント名での検索のみに対応しているため、特定のキーワードを含んだ投稿を抽出することができません。このため、情報収集の手段としては使いにくく感じられるかもしれません。

機能面での制約

Threadsにはいくつかの機能制約があります。例えば、ハッシュタグ機能がないため、投稿のタグ付けができません。また、ダイレクトメッセージ(DM)機能がなく、投稿の下書き保存機能もありません。これらの機能の欠如は、一部のユーザーにとっては不便に感じられるかもしれません。

アカウント管理の課題

ThreadsはInstagramアカウントと完全に紐づいているため、Threadsのアカウントを削除しようとするとInstagramのアカウントも削除しなければならない点がデメリットです。また、PCブラウザでは基本的に使用できず、翻訳機能がないため、海外アカウントの投稿を理解するのが困難な点もあります。

ユイカ
Threadsの使い勝手には良い面もありますが、機能制約やアカウント管理の面でいくつかの課題がありますね。

Threadsの使い勝手:良い点

Threadsの使い勝手:良い点

Threadsの使い勝手にはいくつかの良い点があります。特に注目すべきは以下の三つです。

  • 広告がない
  • 豊富な投稿形式
  • 双方向なコミュニケーション

広告がない

Threadsの最大の利点の一つは、広告が表示されないことです。他の多くのSNSでは広告が頻繁に表示され、ユーザー体験が妨げられることがあります。

Threadsでは、広告に邪魔されることなく、コンテンツに集中できる環境が提供されています。これにより、ユーザーは快適にアプリを利用し、情報の消費や交流に専念できます。

豊富な投稿形式

Threadsは、テキスト、写真、動画の投稿形式が豊富です。特に、最大500字のテキスト投稿や10枚までの写真投稿、5分までの動画投稿が可能で、これによりユーザーは自分の考えや体験をより詳細に共有することができます。

多様な表現方法が用意されているため、クリエイティブなコンテンツ制作が促進されます。ユーザーは自分のスタイルに合った方法でコミュニケーションを楽しむことができます。

双方向なコミュニケーション

Threadsは、双方向なコミュニケーションが特徴です。例えば、フォロワーとのやりとり、投稿へのリアクション、コメント機能などがあり、これによりユーザー同士の深いつながりを持った関係性が促進されます。

アクティブなコミュニティの形成をサポートすることで、より生き生きとした交流が可能になります。このような機能は、特に10代の若者にとって魅力的であり、彼らのコミュニケーションスタイルに合致しています。

ユイカ
Threadsは、ユーザーがストレスなく、自分らしく表現できる空間を提供していますね!

Threadsを最大限に活用するためのポイント

Threadsを最大限に活用するためのポイント

Threadsを最大限に活用するためのポイントについて、以下の三つの側面から考えてみましょう。

  • 利用目的の明確化
  • 他のSNSとの比較
  • プライバシー設定の重要性

利用目的の明確化

Threadsの利用目的を明確にすることが重要です。新しいSNSであるため、多くの人が手探りでサービスを利用しています。企業がThreadsを活用する際には、まずは試しに使ってみて、戦略立案やペルソナ設計を行うことが推奨されています。

また、Threadsの商用利用に関する誤解があるものの、詐欺的な利用を除き、一般的な企業活用は問題ないとされています。

他のSNSとの比較

Threadsは、投稿形式や機能面でTwitterと似ていますが、サービス開始年やオーナー、ユーザー数などに違いがあります。例えば、投稿文字数はThreadsが500文字、Twitterが140文字です。写真投稿数や動画時間にも差があります。SNSとしての背景や機能面での違いを理解することが、適切なSNS選択に役立ちます。

また、日本の6大SNSと比較して、ThreadsはInstagramアカウントを持つ人が利用しやすく、InstagramとTwitterの中間地点に位置しているとの見解もあります。

プライバシー設定の重要性

Threadsはプライバシーに重点を置いたアプリですが、ユーザーはプライバシー設定を慎重に管理する必要があります。共有する情報や位置情報の設定を確認し、自分が快適に利用できる範囲内で設定することが勧められています。また、友人リストの管理、時間の適切な管理、オンラインセーフティについても留意が必要です。

ユイカ
Threadsを選ぶ際は、利用目的を明確にし、他のSNSと比較してみることが大切です。また、プライバシー設定の重要性を理解し、慎重に管理することで、より安全で快適な利用が可能になりますね。

よくある質問

よくある質問

Threadsの使い方やその特徴に関する、よくある質問を見ていきましょう。

Instagramのアカウントと別にしたいんだけど?

現状、ThreadsにログインするにはInstagramアカウントが必要です。Instagramアカウントを紐づけたくない場合は、Threads専用のアカウントを作成することを検討してください。

他のSNSとの違いは?

現時点でThreadsには他のSNSに比べて特化した部分はなく、以前の使いやすい時期のTwitterと似た感覚で使用できると考えられます。ただし、ユーザー数が少ないため、面白みに欠けると感じることもあるかもしれません。また、Threadsのアカウントには鍵をかけることが可能です。

ユイカ
利用する際は、これらの点を踏まえて、自分に合った使い方を見つけてみましょう。

Threadsの使い勝手:まとめ

Threadsの使い勝手をまとめます。

使い勝手の悪いところ

  • 検索機能が限定的(アカウント名のみ)
  • 機能面での制約(ハッシュタグやDM機能がない)
  • アカウント管理に課題(Instagramとの紐付き)

使い勝手の良いところ

  • 広告がなく、コンテンツに集中できる
  • 豊富な投稿形式(テキスト、写真、動画)
  • 双方向なコミュニケーションが可能で、コミュニティ形成しやすい

Threadsの利用にあたっては、これらの利点と欠点を考慮しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webライターとブロガーの二足のわらじを履くお父さん。世の中の商品やサービスの使い勝手を徹底的に調査して、日々の生活をスムーズにする情報を発信しています。

目次